彼女と家族になりたいなら婚約指輪を渡そう

ハート

幸せな結婚への願いを託す

指輪

一生もののお守りとしても

ハワイのお土産として人気があるハワイアンジュエリーは、既にお持ちの方がいらっしゃるかもしれません。ハワイアンジュエリーの誕生は、19世紀にハワイ王朝のリリウオカラニ女王が金のブレスレットを自らが身に付けるために作らせたことで、長い歴史があります。また、女王は大切な人への贈り物としてもハワイアンジュエリーのブレスレットを選んでいました。このことがきっかけでハワイの人々にも広まった後は代々受け継がれる家宝として扱われてきたのです。そのため、近年では結婚指輪にハワイアンジュエリーを選ぶカップルが増えています。ハワイアンジュエリーの指輪は非常に安価で手に入る場合が多いです。しかし、一生ものの結婚指輪としてお求めになる場合は押さえておきたいポイントがいくつかあります。まずはお店選びです。お店を選ぶ時には、ハワイアンジュエリー専門店の中でも熟練の職人によるオーダーメイドで制作しているところがおすすめです。次に素材となります。ハワイアンジュエリーの場合も結婚指輪の定番であるプラチナが耐久性に優れているので最適です。また、ハワイアンジュエリーをオーダーする時、一番楽しいのはハワイの大自然をイメージしたモチーフを選ぶことです。モチーフによってもそれぞれに意味があります。結婚指輪に刻むモチーフとして一般的なのは、永遠に途切れることのない愛という意味のある波があります。また、神に捧げる植物として使われることから縁結び・強い絆・平和の意味を持つマイレなども定番のモチーフとなっています。他にも大切な人の幸せを願うという意味のあるプルメリアや、危険や災いから身を守るお守りとしての意味があるウミガメも人気があります。